無料カウンセリング
実施中

無料カウンセリング実施中

『いきなり治療に入るのは怖い』『他院の話も聞きたいからまず相談だけ』など、まずはあなたのお悩みや不安なことをお聞かせください。
表参道AK歯科・矯正歯科では無料でカウンセリングを実施しております。

カウンセリングの
ご予約はこちら

表側矯正について

表側矯正とは

表側矯正とは

歯の表側(唇側)に矯正装置を取り付ける方法で「矯正」と聞いて一番にイメージする矯正方法かと思います。表側矯正は一番歴史のある矯正方法で、様々な歯並びの症例に対応することができます。
また、最近は矯正中の見た目を良くするために、目立たないブラケットやワイヤーを使用して矯正することも可能になりました。

一般的な表側矯正と
審美ブラケット矯正の違い

審美ブラケットは透明なものを使用して治療をおこなうため、従来の金属ブラケットのように矯正装置が目立つ心配が少なくなりました。

表側矯正の
メリット・デメリット

メリット

  • ほぼ全ての歯並びに対応している
  • 表側矯正に対応できる装置の種類が豊富なため、他の矯正では適応不可になるような症例であっても治療することができます。

  • 発音の影響を受けにくい
  • 歯の裏側に矯正装置をつける裏側矯正と比較して、表側矯正なら舌に装置が触れることがないため、不明瞭な発音になることがありません。

  • 裏側矯正に比べて治療費を抑えられる
  • 同じワイヤー矯正の裏側矯正と比較して治療費を抑えられます。

デメリット

  • 矯正装置が目立つ
  • 矯正装置を表側につけるために、人目につきやすく矯正装置が目立ちます。仕事柄矯正していることを知られたくない方や対面して人と接する方は気になってしまうかもしれません。
    ですが、昨今、透明や白のブラケットやワイヤーを使うことにより矯正装置を目立たなくすることもできますので治療選択の幅が広がりました。

  • 装置により口元に厚みが出る
  • 表側に装置をつける分、矯正中は口元に厚み出て口が突出してるように見えます。

  • 食事で物が引っ掛かりやすい
  • 表側矯正だと食事中装置に舌が当たることがないため違和感なく食事をとることができます。
    ですが、食後や食事中に矯正装置に物が挟まっても鏡で見なければ気づくことができません。

当院の表側矯正

経験豊富な
ドクターによる治療

ドクター

裏側のワイヤー矯正、マウスピース矯正、インプラント矯正等の治療経験はもちろん、豊富な表側矯正の症例がある為、部分矯正から抜歯が必要な全体矯正、インプラントアンカーを用いるインプラント矯正まで幅広く対応しています。

治療期間

歯並びの状態などにもよりますが部分矯正であれば6か月~1年、全体矯正の場合、2年前後です。

表側矯正はこんな方に
オススメです

ユニット

裏側矯正、マウスピース矯正に比べ早く治療が終わる事が多いので1日でも早く矯正治療を終わらせたい人におすすめです。

表側矯正の
対応ケース・制限

対応しているケース

出っ歯

出っ歯

上の歯が前に出ている歯並びです。

反対咬合

受け口(反対咬合)

噛み合わせた時に、下の歯が上の歯の前にある状態です。

口元が出ている

口元が出ている

上下顎ともに前に突き出ている状態です。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に空隙が空いているケースです。いわゆるすきっ歯の状態です。

叢生

叢生

歯がデコボコに重なっている状態です。八重歯も叢生の一種です。

開咬

開咬

オープンバイトとも呼ばれる噛み合わせで、上下を噛み合わせた時に前歯がぽっかり開いてしまうケースです。

過蓋咬合

過蓋咬合

上の歯が下の歯を深く噛んでいる状態です。

交叉咬合

交叉咬合

クロスバイトとも呼ばれているもので、歯を噛み合わせた時にいくつかの上の歯が下の歯の内側に入っている噛み合わせのことを言います。

ガミースマイル

ガミースマイル

笑った時に歯茎が見える状態です。

できない(向かない)ケース

金属アレルギーの傾向が強い人は表側矯正は避けた方が良いです。表側矯正では、装置が全てか一部金属になります。金属はセラミックやプラスチックと比較して丈夫で割れにくく、装置が薄くできるメリットがあります。

矯正治療は高額な費用がかかります。装置を装着してからアレルギー症状が出たからと言っても全額返金を受けることはできませんので、金属アレルギーの疑いが強い場合は、事前に検査をしてアレルギーが無いことを確認した上で行うか、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)を検討した方が良いです。

年齢制限について

年齢制限

年齢制限は特にありません。お子様から50歳以上の人も矯正治療をすることができます。

表側矯正の流れ

  • 無料カウンセリング

    問診票記入後、口腔内の写真、お顔の写真を数枚ずつ撮影して問診票と写真を見ながらカウンセリングします。

    無料カウンセリング
  • 精密検査

    数種類のレントゲン撮影、歯型を取ります。

    精密検査
  • 診断・治療計画説明

    検査結果をもとに診査診断を行い、治療計画を説明します。

    診断・治療計画説明
  • 治療開始

    治療計画にご納得頂き、契約後治療を開始します。

    治療
  • 保定

    整えた歯並びや噛み合わせが後戻りしないように、正しい位置に固定してあげます。

    治療
  • メインテナンス

    治療終了後の経過を観察します。

表側矯正の
よくあるご質問

Q. なるべく目立たないように表側矯正はできますか?

金属の装置以外に透明な装置も対応可能ですので目立たなくさせる事が可能です。

Q. カラフルなブラケットやカラーゴムなどの用意はありますか?

対応可能です。

審美歯科

治療内容口元に「美しさ」をプラスする治療
費用¥55,000〜¥165,000(税込)
治療後のリスクセラミックの破折、色調の再現に限界があります

インプラント

治療内容欠損部分に人工歯を取り付ける治療
費用1歯あたり ¥308,000〜¥467,500(税込)
治療後のリスクインプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

ホワイトニング

治療内容気になる歯の着色を白くする治療
費用¥26,400〜¥52,800(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻り・知覚過敏になる可能性があります

矯正歯科

治療内容歯並びをよくする治療
費用110,000〜¥1,320,000(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻りが考えられます

美容歯科

治療内容歯並びや噛み合わせから顔貌を整える治療
費用¥6,050~¥49,500(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻りが考えられます

ガミースマイル

治療内容歯茎のラインをきれいに整える治療
費用¥11,000〜¥275,000(税込)
治療後のリスク疼痛・出血などを生じる事があります