無料カウンセリング
実施中

無料カウンセリング実施中

『いきなり治療に入るのは怖い』『他院の話も聞きたいからまず相談だけ』など、まずはあなたのお悩みや不安なことをお聞かせください。
表参道AK歯科・矯正歯科では無料でカウンセリングを実施しております。

カウンセリングの
ご予約はこちら

小児矯正

小児矯正を始める時期

歯が生え変わったタイミングがベスト

子供の歯の矯正治療は、歯が生え変わったタイミングで行えるのがベストです。
顎の成長を利用して、さまざまな負担を軽減した矯正治療ができるからです。

一つの目安としては、小学生になる6歳頃で一度ご相談していただくことをおすすめします。

小児矯正の重要性

小児矯正の重要性

子どもは成長発育をしているので、上下のあごの骨のバランスを整えやすく、あごの骨やその他の発達に影響を及ぼすような症例は子どものときから歯科矯正治療を開始した方が良い場合があります。
また、指しゃぶりや口呼吸などの口に関するさまざまな癖(口腔習癖)など成長に影響を与える機能的な問題を改善させて、食べ物をかみ砕いて飲み込んだり、話をしたりする口の機能の発達を高めることが可能になります。

さらに、先天性欠如歯や埋伏歯などを早期に発見による適切な対応や症例によっては、歯が生えるスペースを確保して歯を抜かないで済む場合もあります。
子どものときから歯科矯正治療を始めると、定期的にお口の管理をするため、むし歯や歯周病などの歯科疾患の予防知識も身についてきます。

小児矯正の
メリット・デメリット

メリット

  • 成長発育を利用できる
  • 負担の少ない装置で治せる事が多い
  • 歯を抜かずに治療できる可能性が多い
  • 機能的な問題を改善しやすい
  • 将来の虫歯予防につながる
  • 費用が低めに抑えられる

デメリット

  • 患者様本人の治療への意思確認が難しい
  • 顎の成長の終わる10代後半まで経過観察が必要で、治療期間が長くなることが多い
  • 顎の成長に合わせて治療するため、一時的に歯並びが悪くなることがある
  • 骨格的な問題がある場合は、大人になってから再度治療が必要になることがある
  • 成長発育を予測するのは難しい
  • 患者自身で装着する装置を使う場合、本人が治療に協力的でないと結果が出にくい
  • 矯正治療中は磨き残しが出ることが多く、虫歯になりやすい
  • 歯の根が溶ける歯根吸収が起こる場合がある

平均的な治療期間

小児矯正の重要性

小児矯正には、基本的に1期治療と2期治療の2段階に分かれます。

≪1期治療≫は乳歯が永久歯に生え変わる時期から永久歯に変わるまです。(6~11歳頃が対象)
≪2期治療≫は永久歯が生えそろった後です。(12~20歳前後が対象)

1期治療から始めた場合、12〜13歳頃まで続きます。1期治療のみで矯正治療を終了する場合もありますが、2期治療に移行する必要があれば継続して矯正治療を行います。

大人に比べると子供の矯正治療は長く感じますがですが、お子様の顎の成長期間に合わせて行う必要があります。そのため、「早く終わらせる」ということはできません。

時間がかからないケース

一般的に年齢が若ければ若いほど、問題点が少なくなりますので、装置装着の期間は短くなります。

時間がかかるケース

複数の装置が必要な場合や、改善すべき問題が多い場合は長くなりますし、後から生えてきた歯の状態や、成長の度合いによっても、装置をつける期間は長くなります。
また、取り外し可能な装置とつけっぱなしの装置がありますが、取り外し可能な装置ですと、治療期間は長くなる傾向にあります。

プレオルソとは

pre orthoロゴ

お子さまの体の健康のため

「歯ならび」だけでなく、「咬み合わせ」「お口ぽかん」の改善、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲みこみや発音」など、お子さまを健康な体へ導くことを目的としたマウスピース式矯正装置です。

プレオルソを詳しく
見る

1期治療

1期治療

乳歯列期および混合歯列期の矯正治療のことを「1期治療」といいます。
「1期治療」は、永久歯への生えかわりが進む時期であり顎顔面の成長も旺盛となる時期に行うため、治療中や治療後の成長予測が難しく、どのような症例に対していつ、どのような治療を行うべきかを慎重に判断しなければなりません。

1期治療は主に前歯の永久歯が生えたときに行う場合がほとんどで、1期治療を行うことで2期治療をしなくてすむ(あるいは2期治療の期間が短くなる)か、顎顔面の成長阻害を防止できるかなどを考慮し、治療方針を立てています。治療期間は6か月から1年程です。

1期治療では噛み合わせを整えるだけでなく、顎の成長コントロールや習癖(指しゃぶり、舌癖など)の除去も行います。成長変化の予測によっては、矯正治療を行うのに最適な時期まで、定期的に経過を診ることもあります。

使用する装置

器械的矯正装置

  • 可撤式矯正装置
    ⑴顎内固定装置…床矯正装置
    ⑵顎外固定装置…ヘッドギア(上顎顎外固定装置)、チンキャップ(オトガイ帽装置)、上顎前方牽引装置
  • 固定式矯正装置
    ⑴顎内固定装置…舌側弧線装置、急速拡大装置、マルチブラケット装置
    ⑵顎間固定装置…顎間固定装置

機能的矯正装置

アクチバトール、バイオネーター、Frankel装置、Bimlerのアダプター、咬合斜面版、咬合挙上板、口腔習癖除去装置、リップバンパー、オーラルスクリーンなど

治療の流れ

  • 無料カウンセリング

    問診票記入後、口腔内の写真、お顔の写真を数枚ずつ撮影して問診票と写真を見ながらカウンセリングします。

    無料カウンセリング
  • 精密検査

    数種類のレントゲン撮影、歯型を取ります。

    精密検査
  • 診断・治療計画説明

    検査結果をもとに診査診断を行い、治療計画を説明します。

    診断・治療計画説明
  • 治療開始

    治療計画にご納得頂き、契約後治療を開始します。

    治療
  • 保定

    整えた歯並びや噛み合わせが後戻りしないように、正しい位置に固定してあげます。

    治療
  • メインテナンス

    治療終了後の経過を観察します。

2期治療

表側矯正(ラビアル矯正)

表側矯正とは

歯の表側(唇側)に矯正装置を取り付ける方法で「矯正」と聞いて一番にイメージする矯正方法かと思います。表側矯正は一番歴史のある矯正方法で、様々な歯並びの症例に対応することができます。
また、最近は矯正中の見た目を良くするために、目立たないブラケットやワイヤーを使用して矯正することも可能になりました。

インシグニアとは

デジタル歯科矯正の技術を駆使したインシグニアは、治療計画の策定を支援するソフトウェア、当該ソフトウェアにより決定した治療計画に沿って患者様個々に作成されたデザイン、それにより作成された矯正用器材及び、矯正装置(ブラケット、チューブ及びアーチワイヤー)及びこれらのポジショニングを再現するためのジグで構成されるシステムです。

インシグニアの特徴
  • 治療期間を約37%短縮
  • 来院回数の減少
  • デジタルテクノロジーで差別化し、よりよい診療を
  • 100%患者様個々にデザインされたブラケット
  • 正確なポジショニングのための透明ジグ
  • 患者様個々にデザインされたアーチワイヤー:ナイタイ、カッパーナイタイ、TMA、ステンレススティール

デーモンシステムとは

デイモンシステムは、パッシブセルフライゲーションブラケット、ハイテクアーチワイヤー、健康な歯周組織を損なわない治療手順、それらすべてがローフォース、ローフリクションのシステムとして機能します。
デイモンシステムのブラケットはシャッター式のスライドを持っていますので、従来の矯正装置のようにエラスティックやリガチャーでワイヤーを1歯ずつ固定しません。そのため摩擦が少なく、弱い力で歯を動かしますので、治療中の痛みは大幅に軽減されます。
矯正時にかかる力は強すぎない方が、歯は早く動きます。強すぎる矯正力は、口腔内での血管の閉鎖や細胞の壊死を引き起こします。デイモンシステムは弱い力で自然に歯を動かしますので、口腔内が健康に保たれ、結果として歯は早く動き治療期間が短縮されます。もちろん、力が弱すぎても歯は動きませんので、持続的に力がかかり続けるカッパーナイタイというハイテクワイヤーと組み合わせてこそ、十分な効果が得られます。
その他にもデイモンシステムには、非抜歯の確率が上がる、顔面周辺筋と歯のバランスが取れ、自然な美しいスマイルになる、アポイント間隔を開けることが出来る、チェアタイムが短縮できる等、先生、患者さま双方にとっての様々なメリットがあります。
現在では、従来のデイモンシステムの特性を持ちながら、スライド部分までオールセラミックで審美的にも優れた「デイモンクリア」が主流となっており、患者さまのニーズによりお応えできるようになっています。

デイモンQ(メタルブラケット)とは

ローフリクション、パッシブセルフライゲーションテクノロジーを更に前進させることにより、単に美しい歯並びを実現するだけではない、より多くのメリットを患者様に提供致します。
デイモンQは美しいフィニッシングのためにスロットの深さは充分に取りつつ、より低いプロファイルとより小さいブラケットサイズを実現しました。
新たに開発された「スピンテック」スライド開閉システムは患者様の歯への負担を少なくし、滑らかに面取りされたデザインはワイヤーの交換をより容易にします。
そしてデイモンQのために開発されたポジショニングゲージは位置決めをより正確にし、2つのオグジリアリスロットは様々な治療に利用出来ます。

デイモンQの特徴
  • 診療効率がさらに大きくアップしました
    水平方向と垂直方向の2つのオグジリアリスロットが、ハイケーナインやブロックアウトされた側切歯の歯牙移動など、様々なケースで役立ちます。 装着したドロップインフックやピギーバックワイヤー、もしくはTADなどの補助装置をつけたまま、ラウンドからレクトまで、すべてのデイモンアーチワイヤーシークエンスにそって治療が可能です。 取り外し可能なポジショニングゲージ*、偏菱形のブラケットとパッド、そしてバーティカルスクラブラインは、理想的なスマイルを生み出すための正確なブラケットの位置決めを可能にします。 *ポジショニングゲージは上下3-3のみに装着されています。 それぞれのポジショニングゲージは、トルクによって色分けされています。

    グリーン :ロートルク
    ブルー :スタンダードトルク
    レッド :スーパートルク
  • 素早く容易なワイヤ交換が可能です
    新開発のスピンテックスライドシステムは、スライドの裏側のエッジまで面取りされていますので、治療期間を通していつでも、開閉とワイヤーの交換が容易に行えます。 スピンテックのスライドは、専用のインスツルメントを使ってほんの少し回転させるだけで開けることができます。ひねった力が歯牙ではなくブラケットにかかりますので、患者様に与える不快感を最小限に抑えてワイヤー交換ができます。 従来のデイモン3、3MXブラケットでは、スライドを開けるとき、一方向に大きな力がかかります。しかし、デイモンQのスピンテックスライドは、反対方向に力を分散させるので歯石が付いていたとしても、歯牙にかかる力はほとんどありません。
  • 快適性と審美性の質を向上しました
    コーナーが丸みを帯びたことにより治療中の咬合干渉を減らし、プロファイルが低く、サイズが小さくなったブラケットは快適性と審美性が向上しました。

デイモンクリアとは

デイモンクリアは、デイモンシステムの中心となる重要な装置です。パッシブセルフライゲーションブラケット、ハイテクアーチワイヤー、健康な歯周組織を損なわない治療手順、それらすべてがローフォース、ローフリクションのシステムとして機能します。
結紮力の低減はフリクションを最小限に止め、効率的で容易な治療を可能にしますので、治療期間の短縮・アポイント回数の減少・患者さまの快適性の向上など、様々な効果が期待できます。

デイモンクリアの特徴
  • デイモンクリア、その特性
    ・スロット部分まですべてセラミックでできているため優れた審美性を持つパッシブセルフライゲーションブラケットです。
    ・原材料の多結晶アルミナ(PCA)は、不浸透性なので、食品による染色や変色がありません。
    ・治療中、染色やバクテリア付着の原因となるエラスティックを使用して結紮する必要がありません。
    ・パッシブセルフライゲーティングテクノロジーで、摩擦抵抗がより少なくなっていますので、歯牙移動が効果的です。
  • 優れた耐久性
    ・スライドやタイウィングは、丈夫な構造で耐久性に優れています。
    ・デイモンシステムの特徴である4方の堅い壁が、効果的なトルクコントロールとローテーションコントロールを可能にします。
  • 快適なフィット感
    ・ブラケットのデザインは、滑らかで丸みを帯びていますので快適です。
    ・オームコが特許を取得したレーザーエッチドパドでデザインされたカスタムベースにより、ボンディング強度の信頼性がより高まりました。
  • 素早く容易なワイヤー交換
    スライドを自在に開閉できるスピンテックスライドシステムの採用により、スライドの開閉はとても簡単になりました。
    スピンテックスライドシステムは、デイモンクリア・デイモンQ・スナップリンクバッカルチューブに共通のスライド開閉方法です。専用のインスツルメントをスロットに挿入し90°回転させるだけで簡単にスライドを開けることができます。
    また、従来のデイモン3、デイモン3MXブラケットではスライドを開けるとき一方向に力がかかりましたが、このシステムの採用により反対方向に力を分散させるので、歯石が付いていたとしても歯牙にかかる力はほとんどありません。
    よって、患者さまに不快感を与えることなく、素早くワイヤーの交換や調節を行えます。

裏側矯正(リンガル矯正)

裏側矯正とは

矯正装置を歯の裏側に装着するので、他の人に気づかれにくい治療ができます。治療期間も現在では、表側の矯正と変わらない・症例によっては、よりはやく治療が終わることもあります。
現在では装置自体が小さくなり、装着後の違和感、発音のしづらさも非常に軽減されました。

CLIPPYL(リンガルセルフライゲーションブラケット)の特徴

  • ロープロファイル
    ブラケットの厚みが非常に薄く、装着後の違和感を軽減します。
  • セルフライゲーティング
    独自のクリップ構造は、開閉が簡単で、リンガルでの面倒な結紮を必要としません。煩わしさを解消します。
  • ボンディングベース
    舌側形態に合わせた形状のボンディングベースを採用しました。リンガルフォッサの深いところに接着可能です。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、 画期的な矯正方法です!一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

マウスピース矯正の特徴

  • 目立ちにくい矯正
    透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)は従来のワイヤー矯正と比較して非常に目立ちにくい装置です。「歯並びに悩んでいて治したい。 だけど、目立つ治療はイヤ・・・」といった要望に答える最新の矯正方法といえます。
  • 自分で着脱が可能です
    今までの治療は一度器具を装着すると治療が終わるまで器具をとることができませんでした。 マウスピース矯正は食事のときなど場合に応じて自分で着脱をすることが可能です。
  • 金属未使用で痛みが少ない
    金属を使用しないマウスピース矯正は、唇や口の中の粘膜などを傷つけるリスクが低くなります。 従来の装置のように治療期間中に金属等の装置が歯から外れてしまい緊急に来院する必要が少ないことも特徴のひとつです。

※成人の場合、インプラント矯正、カリエールモーションを併用する事があります。

治療の流れ

  • 無料カウンセリング

    問診票記入後、口腔内の写真、お顔の写真を数枚ずつ撮影して問診票と写真を見ながらカウンセリングします。

    無料カウンセリング
  • 精密検査

    数種類のレントゲン撮影、歯型を取ります。

    精密検査
  • 診断・治療計画説明

    検査結果をもとに診査診断を行い、治療計画を説明します。

    診断・治療計画説明
  • 治療開始

    治療計画にご納得頂き、契約後治療を開始します。

    治療
  • 保定

    整えた歯並びや噛み合わせが後戻りしないように、正しい位置に固定してあげます。

    治療
  • メインテナンス

    治療終了後の経過を観察します。

子供の癖が歯並びに及ぼす影響

おしゃぶりの長期使用

哺乳時以外のおしゃぶりの長期使用は上顎歯列の狭窄、臼歯部交叉咬合の原因になります。

吸指癖(指しゃぶり)

一般的に多いものは母指吸引癖ですが、示指や中指と薬指の2本を吸引する場合などさまざまなパターンがあり、一様ではありません。
関連して起こる不正咬合には、開口、上顎前歯の唇側傾斜、下顎前歯の舌側傾斜、上顎歯列の狭窄や臼歯部の交叉咬合などがあります。

弄唇癖

咬唇癖や吸唇癖があります。
おもに下唇を咬んだり、吸引したりすることが多く、上顎前歯の唇側傾斜や空隙、下顎前歯の舌側傾斜や叢生などを生じさせ、重篤な場合は、上顎前突や下顎の劣成長を引き起こすこともあります。

弄舌癖

発音や嚥下時以外に舌を無意識に咬んだり(咬舌癖)、突き出したり(舌突出癖) する習癖です。
上下顎前歯の唇側傾斜、前歯部の開咬、空隙歯列などが生じます。

咬爪癖

咬爪癖とは、爪を咬んだり、咬み切ったりする癖のことであり、持続すると歯の摩耗や傾斜を生じることがあります。
習癖の発現には、心理的な要素を含む場合もあるため、爪切りなどの衛生指導を加えた配慮が必要です。

口呼吸

アデノイド(咽頭局桃の増殖肥大)で正常な鼻呼吸が妨げられると、その代償として口呼吸をすることになります。
これが長期にわたり持続すると、口唇閉鎖不全、上顎歯列の狭窄、上顎前歯部の唇側傾斜、前顔面高および下顎下縁平面角の増大などを伴う、いわゆるアデノイド顔貌を呈することになります。また、ロ蓋扁桃の肥厚、鼻中隔彎曲でも口呼吸が誘発される場合があります。

歯ぎしり

無意識下で歯を強くこすり合わせてしまったり、噛みしめてしまうことを歯ぎしりや食いしばりといいます。寝ている間に起こることが多いですが、起きている間にも行なってしまう癖のひとつであり、歯に大きな影響を与えてしまう原因でもあります。
歯ぎしりや食いしばる癖の多くは食生活やストレスが原因で発生し、軽症であれば大きな問題はありません。

しかし症状が長期化したり、強くなると咬耗症と呼ばれる歯のすり減りが起きてしまいます。咬耗とは歯を守る表面のエナメル質が強く削られていることをしめします。
日常的に起こる程度の軽い咬耗であればエナメル質は自然に回復し、噛み合わせには大した影響はありません。

しかし病的に進行した咬耗では回復が間に合わず歯の損傷が激しくなります。症状は無自覚のまま進行していくため、患者様が自覚するまでに長い時間がかかってしまうケースがほとんどです。
咬耗が激しくなると表面のエナメル質が大きく削れ、歯の奥にある象牙質が剥き出し状態になります。象牙質が剥き出しになった結果、知覚過敏などの症状が出て、そのまま放っておくと虫歯となってしまいます。また、このように歯の損傷が激しくなると、歯が徐々に移動したり傾いたりしていき、歯の噛み合わせが悪くなっていくことがあります。

しかし早い段階で医院に足を運ばれても、日常的な歯の損傷段階では経過観察を行なうに留まり、歯が欠けている・虫歯になっているなど処置が必要な損傷があれば歯科で治療を行なっていくことになります。

頬杖

日常生活の中で、よく頬杖をついている子供を見かけます。本を読む時、文字を書くとき人など、その状況にもよりますが、実は頬杖も悪い癖の一つなのです。
頬杖をつくということは、下あごに頭の重みがのしかかるということです。わずかな力ですが、あごの骨に毎日伝わり続けることで、あごの変形や顔のずれ、歯列不正を徐々にまねく怖い癖なのです。

異常嚥下癖

生後2、3年までは上下顎前歯間に舌尖を挟んで職下する幼児型嚥下が行われますが、乳歯列が完成すると、この嚥下パターンは自然に消失し、成熟型嚥下に移行します。
成熟型嚥下では、下顎骨が挙上して上下顎の歯が咬合した状態で舌尖が口蓋前方に接触し、食塊を舌後方部へ送り込みます。しかし、何らかの理由で幼児型職下が残存すると、上下顎前突や開咬を引き起こします。

睡眠態癖

睡眠中の習慣的姿勢が顎顔面や歯列の発育に影響を与える場合があります。

審美歯科

治療内容口元に「美しさ」をプラスする治療
費用¥55,000〜¥165,000(税込)
治療後のリスクセラミックの破折、色調の再現に限界があります

インプラント

治療内容欠損部分に人工歯を取り付ける治療
費用1歯あたり ¥308,000〜¥467,500(税込)
治療後のリスクインプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

ホワイトニング

治療内容気になる歯の着色を白くする治療
費用¥26,400〜¥52,800(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻り・知覚過敏になる可能性があります

矯正歯科

治療内容歯並びをよくする治療
費用110,000〜¥1,320,000(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻りが考えられます

美容歯科

治療内容歯並びや噛み合わせから顔貌を整える治療
費用¥6,050~¥49,500(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻りが考えられます

ガミースマイル

治療内容歯茎のラインをきれいに整える治療
費用¥11,000〜¥275,000(税込)
治療後のリスク疼痛・出血などを生じる事があります