歯を失った、ボロボロの歯を
綺麗に治したい方へ
総合歯科治療

総合歯科治療
-今ある歯を最大限残す-

総合歯科治療について

『歯が痛い』
『歯茎が腫れた』
『歯がぐらぐらする』
『噛めない』

など1本の歯のみで気になる所だけを処置する対症療法では再発する可能性がありますが、総合歯科治療では、口腔内を含め顔のバランス等を検査し、なぜ歯が痛くなったのかなど原因を根本から解決し隣在歯、対合歯、歯列弓、一口腔単位で長期的な安定を得られるようトータル的な方法で治療を行います。治療後は虫歯や歯周病等などの発生率が下がり、長期的に見れば歯科医院に通う回数が少なくなります。

お口の中の状況によっては時間はかかってしまいますが、治療後は原因を根本から解決した状態を維持するよう努めれば長期的な安定を得られる治療法です。

総合歯科治療は
こんな方にオススメ

ユニット
  • 歯がボロボロの状態
  • 虫歯/歯周病を繰り返す
  • 噛み合わせのバランスが乱れている
  • 1本単位ではなく一口腔単位で
    治療したい
  • 悪い所全て治したい
  • 長期的に良好な口腔内を維持したい

口腔内が崩壊する原因とは

原因は様々がありますが、多くは虫歯・歯周病を放置、または治療しても再発し1本、また1本と歯がダメになり、噛み合わせのバランスが崩れ口腔内が崩壊していきます。

他院が信用できない・
断られた方は
一度当院へご相談ください

セカンドオピニオンの
相談について

 
正確な診断

当院ではセカンドオピニオンの相談を行っています。
セカンドオピニオンの相談の際に必要なものは、今かかっている歯医者さんからの紹介状とレントゲンなどの検査結果です。 もし、紹介状やデータがなくても、診る事は可能ですが、本来のセカンドオピニオンとは少し意味が異なってしまいますし、
今までの治療内容や経過、症状や状態などは通院していた歯医者さんでないと分かりません。

そのため、かかりつけの歯医者さんで行っている、もしくは行おうとしている治療が「患者さんにとって最善な治療なのか」という意味では、はっきりとはわからない場合がありますので、かかりつけの歯医者さんにきちんと伝えて、紹介状などを用意してもらう事をおすすめ致します。

治療相談無料
セカンドオピニオンの方¥11,000
(税込)
カウンセリングの
ご予約はこちら

当院の
総合歯科治療の特徴

今ある歯を残す治療

1. 今ある歯を残す治療

患者様の歯をできるだけ長く保存し、できるだけご自分の歯で噛んで頂きたいという治療方針のもと治療を行います。歯を残すために歯周病治療をはじめ、患者様にとって最も良い治療法を幅広く選択できる治療体制を整えています。

2. 審美性と機能性を獲得し
長期的な安定を目指す

見た目も良く、出来るだけ長く自分の歯を使ってもらう為に、口腔内を含め顔のバランスや隣在歯、対合歯、歯列弓、一口腔単位で見た目も良くし長期的な安定を得られるようトータル的な方法で治療を行います。
治療後は虫歯や歯周病等などの発生率が下がり、長期的に見れば歯科医院に通う回数が少なくなります。

お口の中の状況によっては時間はかかってしまいますが、治療後は原因を根本から解決した状態を維持するよう努めれば長期的な安定を得られます。

審美性と機能性を獲得し長期的な安定を目指す
充実の設備と豊富な検査項目

3. 充実の設備と豊富な
検査項目

当院ではデジタルレントゲン、口腔内デジタル写真を用いて、患者様のお口の中全体の現状や治療方法を納得のいくまでご説明させていただきます。
診療室はプライバシーを重視したつくりになっており、患者様と話をしやすい環境に配慮しております。
歯科治療に大切なのは、患者様自身の歯を最大限保存することです。マイクロスコープや拡大鏡を使用する事により、肉眼では確認しきれない、微細な部分まで診ることが可能になります。

その結果、今まで以上に精度の高い治療が期待でき、歯の保存につながります。根管治療のみならず、マイクロスコープや拡大鏡は精度の高い処置が可能となります。小さな、細かい仕事をより正確に行うためには必要です。

歯をトータルに治す
メリット

  • 綺麗な歯並びで
    笑顔に自信が持てる
  • しっかり噛める事で
    好きな物を食べられる
  • 虫歯や歯周病などの
    発生率が下がる
  • 清掃性の高い環境を獲得出来る
  • 咬合力のコントロールをし
    噛み合わせのバランスを図る
歯をトータルに治すメリット

噛み合わせが重要な理由

しっかり上下の歯が噛み合うことで、均等に力が入り身体のバランスもよくなります。 特定の歯に力がかかると最悪の場合割れたり、動揺を引き起こす原因にもなります。
噛み合わせが整うことで、清掃性が良くなるので虫歯や歯周病リスクが減ります。また、口がしっかり閉じられるので鼻呼吸が自然と行えて口臭も減ります。

総合歯科治療を
検討されている方へ
-60分無料相談受付中-

『私はもう〇〇歳だから歯の事は
どうでも良い』
『この歳になって歯の形、色や歯並びを気にするのはどうなんだろう』
『奥歯1本くらいなくても構わない』
『痛みや腫れがないから
放っておいた』

など耳にする事があります。

お口の健康はもちろん見た目に年齢は関係ありませんし、痛みはなくても虫歯や歯周病や噛み合わせの悪化は進行します! 治療の前にはしっかりとカウンセリングを行い患者様が来院された背景、ご要望、ご不安など、気持ちの部分をはじめ、生活習慣など今後の治療に必要なお話を聴かせていただきます。
これまで他医院への通院で不安だったこと、不満だったこと、何でも遠慮なくお話し下さい。

治療相談無料
セカンドオピニオンの方¥11,000
(税込)
カウンセリングの
ご予約はこちら

総合歯科治療の流れ

  • 無料カウンセリング
    問診票記入後、口腔内の写真、お顔の写真を数枚ずつ撮影して問診票と写真を見ながらカウンセリングします。(お写真が苦手な方はまずはお話しのみ伺う事も可能
    です。)
    患者様が来院された背景、ご要望、ご不安など、気持ちの部分をはじめ、生活習慣など今後の治療に必要なお話を聴かせていただきます。これまで他医院への通院で不安だったこと、不満だったこと、何でも遠慮なくお話下さい。
  • 精密検査
    1.レントゲン撮影
    2.口腔内検査(虫歯のチェック、歯周組織検査)
    3.口腔内の模型作成


    ※カウンセリング時、口腔内の写真、お顔の写真を撮影していなかった場合、撮影します。
  • 診断
    精密検査の結果と治療方針を説明いたします。
  • 治療開始・メインテナンス
    治療をスタート致します。
    その後は定期的にメンテナンスを行います。

奥歯がなくて
噛めない方へ

医院情報

奥歯がないまま
放っておくと、どうなるのか?

  • 奥歯でかみ締めることができなくなり食事をよく噛めないので、消化が悪く胃にも負担がかかります。
  • 奥歯は、口元の高さを保つ役割もしています。奥歯を失うと、前歯に負担がかかるようになり、出っ歯のように移動してしまう
    ことがあります。
  • 奥歯がないと、反対側のかみ合う歯が伸びてきてしまい、いざ歯を入れようとしても、スペースがなくなってしまうことがあり
    ます。
  • 噛み合わせのバランスが崩れ、顎関節症(口が開かない、顎の音が鳴る、まっすぐ口を開くことができない)などの症状を
    引き起こします。
  • 奥歯の頬が下がり、ほうれい線やたるみの原因や老けた印象になります。

奥歯がない方への
3つの治療法

歯を失ったときの治療法には大きく、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3種類があります。奥歯の場合ももちろん、この3種類から選んで頂きます。それぞれ特徴が違いますので、歯科医師ともよく相談してお選びください。

歯が生え変わったタイミングがベスト

ブリッジ

その名の通り、橋渡しをするように失われた歯を補う治療法がブリッジです。失った歯の両隣の歯を、ぐるりと一周削って、その上から連結された被せ物を装着することで、失った歯を補います。違和感が少なく、噛み心地もほとんど自分の歯と変わりません。
部位や材質によって保険適用のものもあり、取り組みやすい治療法です。
しかし、削られた歯には、失った歯の分の噛む力もかかるため、歯の根や歯の周りの組織に大きな負担がかかります。

また、歯の外側のエナメル質という硬い部分が削られてなくなるので、細菌にも侵されやすくなります。数年経過の後、土台の歯が悪くなる、という経緯をたどる例が多いです。
また、一番奥の歯を失った場合には、ブリッジ治療はできません。その手前の2本の歯を土台にする延長ブリッジという方法もありますが、土台の歯への負担がより大きいため、お勧めできません。

歯が生え変わったタイミングがベスト

入れ歯

残っている歯にクラスプというバネを掛けることで安定させて、失われた歯を補う治療法です。ブリッジのように歯を大きく削ることはありません(入れ歯を支えるバネを掛けるための溝を作るために、少し削ることはあります)。 また、どの歯を失っても、何本でも対応できます。材質を選ばなければ保険適用のものもあり、治療期間も短いため、気軽に取り組めます。

しかし、バネをかけても、しっかりと固定されているわけではないので、力を掛けて噛むことができにくく、硬いものが食べにくくなります。また、ゴマやイチゴの種のような小さくて硬いものが入れ歯と粘膜の間に入ることもあり、噛み心地は良いとはいえません。このほかにも、粘膜がこすれて痛みが出たり、違和感が強かったりと、不具合を感じる人が多いようです。
さらに、バネをかけた歯は噛むたびに上下左右に強い力で揺さぶられます。強い力がかかるので、歯の根や歯の周りの組織が損傷する可能性が高まります。

もう一つ入れ歯の大きなデメリットとして、顎の骨が痩せる、ということがあります。人間の骨は、立つ、歩く、物を持つなど様々な行動や運動による刺激を受けて新陳代謝を促しています。顎の骨も歯の根から伝わる噛む刺激によって新陳代謝が促進されているのです。入れ歯には歯の根に相当する部分がないので、歯を失った部分のあごの骨はやがてすり鉢状に痩せていきます。骨が痩せると、あごの高さが低くなります。その分お口周りのハリがなくなり、老けた印象になります。極度に痩せてしまうと、骨の中を通る神経が表面に露出し、入れ歯を入れられないほどの痛みが出ることもあります。

歯が生え変わったタイミングがベスト

インプラント

顎の骨にインプラント体というネジ型の金属(チタン製)を埋め、その上に人工の歯を装着する治療法です。チタンは人間の体によく馴染み、骨と結合する性質を持っています。そのため人工心臓弁や人工関節など、多くの医療現場で使われている金属です。インプラントはそのチタンの性質を利用し、あごの骨と結合させることで歯はしっかりと固定され、噛む力に耐えられます。

見た目にも自然で、違和感もありません。またブリッジや入れ歯と違って、残っているほかの歯に負担を掛けることなく治療ができます。
さらに、歯の根の役割をインプラント体が担うので、あごの骨が痩せません。

しかし、インプラント体を埋めるためには、手術が必要です。治療の期間もブリッジや入れ歯に比べると長くなります。
そして保険の適用はなく、治療費も高額になります。入れ歯やブリッジに比べるとハードルが高く感じられますが、しっかり手入れをすれば永く快適に使える優れた治療法です。

他院で「抜歯」と
言われてしまった歯も
残すことができる
場合があります

「他院で抜歯と言われた」
「歯を保存するのが難しい」

と言われた場合に実は
「パッと見て無理」だと判断されてしまう場合と、「詳しく検査してみた結果、残念ながら残す事が難しい」
と診断を受ける場合があります。
「これ以上この歯を保存する方法が見当たらない」
という時に抜歯になってしまうわけですがこの基準は、歯科診療項目のどの分野を得意としているかによって少し違いがあります。

  • 歯内療法を得意とする先生とそうでない先生であれば保存できるかもしれない歯の基準が異なります。裸眼で根の治療を行う場合とマイクロスコープ、拡大鏡を使用する場合とでは感染した歯質や感染源となるとなる根管を見つけられる可能性は大いに違います。
  • 歯周病の再生治療が得意な先生とそうでない先生も同じです。歯周再生療法を行う術を知らなければ、通常の歯周病治療で歯を保存できないと判断されてしまう事があります。歯周再生療法は歯がグラグラする、噛みづらい、腫れが治まらない、歯周病の進行により他院で抜歯するしかないと言われたなど中~重度の歯周病に有効です。
  • 矯正治療の中に歯根廷出術という処置があります。歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させることにより、被せ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。歯を抜かなければいけない状態でも、この治療法を用いれば、歯を残せる可能性があり、歯を残すために有効です。

※当院であれば他院で抜歯と言われた歯を残せる可能性がありますので1度ご相談下さい。

他院で抜歯と言われたが残したい方へ

歯・神経を最大限残す
当院の取り組みについて

正確な診断

マイクロスコープ、
拡大鏡を用いた治療

根管治療は、治療部位を肉眼で確認できないことが治療を非常に難しくしています。しかし、マイクロスコープ、拡大鏡を使うことで、歯の細かな凹凸や隠れている根管まではっきりと確認できるので、治療の精度が格段に高くなります。

CT撮影を行い3次元的に分析

通常の2次元のレントゲンでは、平面的な情報しか得られませんが、CT撮影を活用することで、歯を3次元的に把握するこが可能で、虫歯の進行度合いの正しい診断と的確な治療を行うのに役立ちます。

正確な診断
正確な診断

MTAセメントの活用

MTAセメントは、接着力・封鎖性・殺菌力などの根管治療に適したセメントです。MTAセメントを利用することにより、抜かなければならなかった歯を、抜かずに治療できる場合もあります。

天然歯を残すメリット

  • 食べたい物が食べれる
  • 物がよく噛め胃や腸に負担をかけず、全身に栄養をいきわたらせることが出来る
  • 物を噛む物ことで脳に刺激を与え認知症予防になる
  • 発音しやすい
  • 顔の形を整え美しい表情をつくる
  • 歯ごたえを楽しみ味覚を豊かに保つ
  • 体の姿勢やバランスを保つ

歯・神経を残すための
治療法

歯内療法

炎症や感染を起こし痛んだ歯髄(神経)を除去して根管を入念に消毒し、将来的な感染を防ぐため根管に詰め物をする治療法のことです。歯内療法の方法は大きく分けると以下の4つになります。

正確な診断
  • 生活歯髄療法
    健康な歯髄(神経)を可能な限り温存
    する治療
  • 根管治療
    初めて歯髄(神経)を取り除く処置(抜髄処置)、初めて感染した歯髄を除去する処置(感染根管処置)
  • 再根管治療
    過去に行った根管治療をやり直す処置
  • 外科的歯内療法
    通常の根管治療では対処できない場合の処置

虫歯は口腔内の2大疾患の2つです。虫歯の原因は細菌です。お口の中には数え切れないほどの細菌が存在しています。 歯内療法の中でも根管治療は日常的によく行われている歯科治療の一つです。歯根の中から歯髄(神経)や、病気の原因となっている細菌を丁寧に除去していきます。
また、このような治療を行わなくて済むように予防的な治療として行う生活歯髄療法や、根管治療では対処できない場合に行う外科的歯内療法で歯を可能な限り温存していきます。

歯周外科・再生療法

歯周病は口腔内の2大疾患の1つです。歯周外科治療は歯周病治療の1つで歯を残せる可能性が上がります。当院の歯周外科は目的に応じて下記の4つがあります。

正確な診断
  • 歯肉弁根尖側移動術
    付着歯肉の増加や歯周ポケットの除去を目的とした切除療法。虫歯の進行が大きい時に有効
  • 遊離歯肉移植術(ゆうりしにくいしょくじゅつ)
    丈夫な歯肉のない部分に、角化歯肉を移植してブラッシングしやすい環境を作る歯周外科処置。歯肉が下がって歯ブラシの時に痛みがある時に有効です。
  • 結合組織移植術
    歯肉が退縮して、歯根が露出している部分を覆う手術。歯肉が痩せて来た、下がって来た時に有効です。
  • 歯周組織再生療法
    歯周組織再生材料を用いて、歯槽骨の再生を目的とした歯周外科処置。歯がグラグラする、噛みづらい、腫れが治まらない、歯周病の進行により他院で抜歯するしかないと言われたなど中~重度の歯周病に有効です。

矯正治療

  
正確な診断

歯根廷出術という矯正治療の1つです。
歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させることにより、被せ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。 歯を抜かなければいけない状態でも、この治療法を用いれば、歯を残せる可能性があり、歯を残すために有効な治療法です。

審美歯科

治療内容口元に「美しさ」をプラスする治療
費用¥55,000〜¥165,000(税込)
治療後のリスクセラミックの破折、色調の再現に限界があります

インプラント

治療内容欠損部分に人工歯を取り付ける治療
費用1歯あたり ¥308,000〜¥467,500(税込)
治療後のリスクインプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

ホワイトニング

治療内容気になる歯の着色を白くする治療
費用¥26,400〜¥52,800(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻り・知覚過敏になる可能性があります

矯正歯科

治療内容歯並びをよくする治療
費用¥110,000〜¥1,320,000(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻りが考えられます

ガミースマイル

治療内容歯茎のラインをきれいに整える治療
費用¥11,000〜¥1,166,000(税込)
治療後のリスク疼痛・出血などを生じる事があります

重度歯周病

治療内容再生療法をはじめ、清掃性の向上のための治療
費用¥27,500~¥77,000
治療後のリスク疼痛などを生じる事があります

入れ歯

治療内容失った歯を人工歯で補う治療
費用¥110,000~¥495,000
治療後のリスク疼痛・違和感などを生じる事があります