プレオルソについて

プレオルソとは

pre orthoロゴ

「歯ならび」だけでなく、「咬み合わせ」「お口ぽかん」の改善、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲みこみや発音」など、お子さまを健康な体へ導くことを目的としたマウスピース式矯正装置です。

永久歯の生え変わる前の10歳ぐらいまでの骨の柔らかい時期に使うことで、大きな効果を期待できる治療方法です。「家にいるとき」と「寝ているとき」にだけプレオルソを装着するため、お子さまでも無理なく始められます。

プレオルソの種類は
ありますか?

症例に応じて3タイプ/複数タイプ/2種類の硬さの素材(ソフト・ハード)があります。

Type1

適応症;上顎前突/叢生/過蓋咬合/各種保定

Type2

適応症;開咬症/開咬の保定

Type3

適応症;反対咬合/反対咬合の保定

プレオルソの特徴

pre ortho装置

1. 柔らかい素材を
使用しています。

  • 装着時の"痛み"がほとんどありません
  • 弾性があるためにこわれることがほとんどありません

2. 最適なデザインの
"プリフォーム"
タイプです。

  • 印象採得の必要がありません
  • 装置を温める事により、フォーム調整が可能です
pre ortho装置
pre ortho装置

3. いつでも、容易に取り外し
できます。

  • 口腔内を清潔に保つことができます
  • 家にいる時間に使用します

4. MFT(口腔筋機能療法)の装置として
使用できます。

  • 舌は自動的に挙上されます
  • 子どもへの指導もむずかしくありません
口腔筋機能

どういったお子様に
お勧めしますか?

  • 不正咬合【上顎前突/開口/過蓋咬合/反対咬合/叢生(ガタガタ)】
  • お口ぽかん
  • 力が入りすぎている口元
  • 正しい発音ができない
  • 噛み合わせが悪い

何歳のお子様が使用
できますか?

6~11歳頃の乳歯が永久歯に生え変わる時期から永久歯に変わるまでが対象です。

治療期間について

まずは6か月~1年使用してもらい継続か保定かを判断して行きます。

お口の周囲筋トレーニング
について

口腔筋機能

パフパフ法

プレオルソを付けたまま、日常会話や嚥下をしてもらうトレーニングです。装置を付けることで舌が正しい位置を覚えるようになり、正しい嚥下ができるようになります。

また、上顎に舌を押し当てた状態になるため、正しい舌の位置で発音できるようになります。

あいうべ体操

口を大きく「あ~」「い~」「う~」「べ~」と動かします。できるだけ大げさに口を動かすのがポイントです。1日に30セット(「あいうべ」で1 セット)行ってください。顎が痛むお子様は、「い~」「う~」だけでも大丈夫です。

お口周りのトレーニングになり、さらに唾液が多く出るため風邪やインフルエンザの予防になるとも言われています。

口腔筋機能

治療の流れ

  • 無料カウンセリング
    問診票記入後、口腔内の写真、お顔の写真を数枚ずつ撮影して問診票と写真を見ながらカウンセリングします。
  • 精密検査
    数種類のレントゲン撮影、歯型を取ります。
  • 診断
  • 治療開始
  • 保定
  • メインテナンス

審美歯科

治療内容口元に「美しさ」をプラスする治療
費用¥55,000〜¥165,000(税込)
治療後のリスクセラミックの破折、色調の再現に限界があります

インプラント

治療内容欠損部分に人工歯を取り付ける治療
費用1歯あたり ¥308,000〜¥467,500(税込)
治療後のリスクインプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

ホワイトニング

治療内容気になる歯の着色を白くする治療
費用¥26,400〜¥52,800(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻り・知覚過敏になる可能性があります

矯正歯科

治療内容歯並びをよくする治療
費用¥110,000〜¥1,320,000(税込)
治療後のリスク場合によっては後戻りが考えられます

ガミースマイル

治療内容歯茎のラインをきれいに整える治療
費用¥11,000〜¥1,166,000(税込)
治療後のリスク疼痛・出血などを生じる事があります